エコオクコラム 副業・せどり

インボイス制度とは何?対応すべき事を解りやすく解説していきます

インボイス制度とは?

 

インボイス制度とは?

インボイス制度は、消費税の仕入額控除を受けるための制度です。この制度では、適格請求書(インボイス)の発行または保存が重要となります。売り手は、取引相手から要求された場合にインボイスを発行しなければならず、買い手は、原則として取引相手から受け取ったインボイスを保存しなければなりません。

 

背景と必要性

なぜこの制度が必要なのでしょうか?その背景には、日本で導入された2つの異なる消費税率(8%と10%)が関係しています。これにより、どの商品や取引にどの税率が適用されるのかを明確にする必要が生じ、正確な経理処理を行う必要があります。

一方、税を徴収する側から見ると、適正な課税を確保するためにもインボイス制度が必要です。

 

制度の内容

インボイス制度は、2023年10月1日から導入されます。それまでに、売り手は「適格請求書発行事業者」に登録されていなければなりません。適格請求書発行事業者でなければ、インボイスを発行できません。この登録申請が可能になるのは、2021年10月1日以降です。

また、インボイスは現行の「区分記載請求書」とはいくつか異なる点があります。新たに登場する記載事項には、登録番号(課税事業者のみ)、適用税率、税率ごとに区分した消費税額等が含まれます。

 

課税事業者の対応

課税事業者は、この新しい制度にどのように対応すべきでしょうか?

適格請求書発行事業者登録の有無を確認: 買い手として、取引先からインボイスを発行してもらえないと、消費税の仕入額控除を受けることができません。取引相手が免税事業者である場合、彼らが適格請求書発行事業者になる予定があるかどうかを確認することが重要です。

インボイスに対応したレジの導入: 現行の「区分記載請求書」ではインボイス制度に適応できません。そのため、インボイスに対応したレジの導入が必要です。このプロセスにはコストがかかることを覚えておいてください。

インボイスに対応した受発注システム、請求書管理システムの導入: 現在使用している受発注システムや請求書管理システムが、インボイス制度に対応していない可能性があります。その場合、システムの改修や入れ替えが必要となります。

 

免税事業者の対応

免税事業者はどのように対応すべきでしょうか?

課税事業者として登録: 免税事業者は、適格請求書発行事業者として登録を受けるために、「消費税課税事業者選択届出書」を提出し、課税事業者となる必要があります。経過措置も設けられているため、2023年中に登録を受けることができます。
インボイス制度の開始に備えて

インボイス制度は2023年10月1日からスタートします。そのため、事前にしっかりと準備を行い、この新しい制度に対応することが重要です。特に経理業務には大きな影響が予想されており、適切な対策を講じる必要があります。

政府によるインボイス制度対応のための支援も用意されています。質問やサポートが必要な場合は、指定のダイヤルやコールセンターを利用できます。また、国税庁のサイトからも情報を入手できます。

インボイス制度は、日本の税制改革の一環として導入される新しい制度です。課税事業者と免税事業者の双方に影響を与え、適切な対策が求められています。この制度が、税制改革において透明性を高め、適正な課税を確保するための一環として位置づけられています。以下に、インボイス制度のまとめと今後の対応について簡潔にまとめます。

インボイス制度とは?

 

まとめ

インボイス制度は、日本の税制改革の一部として2023年10月から導入される。
適格請求書(インボイス)の発行または保存が重要。これによって消費税の仕入額控除が受けられる。
課税事業者は適格請求書発行事業者に登録する必要があり、インボイスに対応したレジやシステムの導入が必要。
免税事業者は課税事業者として登録し、適格請求書発行事業者となるための手続きが必要。

 

今後の対応

課税事業者は適格請求書発行事業者に登録を行い、システムやレジの導入を検討する。
免税事業者は課税事業者として登録を受ける手続きを行い、必要な対応を行う。

インボイス制度の導入に伴う変更には、事前の計画と準備が欠かせません。適切な情報収集や必要な手続きを進め、スムーズな移行をサポートすることが重要です。税制改革の新たな一歩として、経済活動における透明性と正確な課税を確保する役割を果たすでしょう。

 

Q&A

インボイス制度とは?

Q1. インボイス制度が実施されて、何が変わりますか?

A1. インボイス制度の実施により、課税事業者はインボイス発行事業者の登録を受けることで、インボイスを発行できるようになります。インボイスには消費税額などが記載されるため、消費税の転嫁がしやすくなる面もあります。しかし、事業者は請求書やシステムの改修に対応する必要があり、そのために改正電子帳簿保存法を活用し、デジタル化を推進するための専門家派遣やITの導入支援なども行うでしょう。

 

Q2. 免税事業者であり続けた場合、必ず取引に影響が生じるのですか?

A2. 免税事業者が免税である場合、売上先が消費者または免税事業者であるか、売上先の事業者が簡易課税制度を適用している場合には、取引への影響は生じないでしょう。その他にも、消費税が非課税とされるサービスなどを提供し、それに必要な物品を販売している場合も、取引への影響は生じないと考えられます。

 

Q3. 売上先がQ2のいずれにも当てはまらない場合、免税事業者の取引にはどのような影響が生じますか?

A3. 売上先がQ2の条件に合致しない場合、免税事業者の取引に配慮が必要です。しかし、インボイス制度の実施後6年間は仕入税額控除が可能な経過措置が設けられています。ただし、売上先との取引条件が見直される場合、その方法や内容によっては独占禁止法、下請法、建設業法に関連する問題が生じる可能性もあるので、慎重に対処する必要があります。

 

Q4. 免税事業者が課税事業者を選択した場合、何が必要になりますか?

A4. 課税事業者を選択する場合、消費税の申告や納税などが必要になります。ただし、課税売上高が5,000万円以下の場合は簡易課税制度を適用でき、その場合は仕入れ時にインボイスを受け取り保存する必要はありません。

 

Q5. 課税事業者は、免税事業者からの仕入れについて、どのようなことに留意すればいいですか?

A5. 簡易課税制度を適用している場合、仕入れ税額控除が可能であり、インボイスを保存しなくても問題ありません。簡易課税制度を適用していない場合でも、経過措置により、免税事業者からの仕入れについて消費税相当額の控除が許可されます。ただし、免税事業者も自身の仕入れにかかる消費税を負担しているため、それが取引価格に影響を及ぼす可能性がある点に留意する必要があります。

 

Q6. 課税事業者が新たな相手から仕入れを行う場合、どのようなことに留意すればいいですか?

A6. 簡易課税制度を適用している場合は、インボイスを保存しなくても仕入れ税額控除が可能です。簡易課税制度を適用していない場合は、新たな取引条件を設定する際、相手がインボイス発行事業者かどうかを確認する必要があります。免税事業者からの仕入れに関しては、取引価格が免税事業者を前提としたものであることをお互いに理解しておく必要があります。

 

エコリングtheオークション会員になって
仕入れ作業を効率化しませんか?
会員になれば...

  • ① 月間約70,000点以上の商品から商品仕入れが可能!
  • ② 事前の下見・入札が可能!
  • ③ 過去商品から価格相場をチェックできる!
\ サービスを知りたい方へ /

エコオク紹介ページへ

\ 最短4~5日で利用開始! /

仮会員申込へ

 

 

せどりの仕入れなら、エコリングtheオークション

2017年にスタートした業界最大級のBtoBネットオークション通称エコオクです。C Mでもお馴染みの全国に約200店舗を運営する買取専門店エコリングが主催しており仕入れ先・販売先としても利用できる完全W E B完結型のオークションです。自宅からでも外出先からでもスキマ時間せどに仕入れができるのが最大のメリットです。
主にブランド(バッグ・時計・ジュエリー・アクセサリー・アパレル)・道具(家具・家電・食器・雑貨・フィギュア・トレカなどのホビー)・カメラなどを取り扱っており、商品ジャンルも非常に多い点がプロのバイヤー・リサイクルショップやネットショップのオーナー・せどらーから圧倒的に支持されている理由です。
2023年5月現在では、毎月約70,000点の商品数と出来高約60億円を誇り、会員数も業界最大の6,000名と国内のみならず海外からも参加が可能なため世界の相場で取引きすることができます!
会員登録は審査が必要になりますが、『古物商許可証』と『身分証明書』があればすぐにエントリーOK!他社オークションでよくある会員からの紹介なども不要なため業界初心者でも個人事業主の方でも会員登録ができます。会員登録には審査があるため、会員の質も高くオークションとしてのクオリティが保たれている点も安心できるポイントです。

 

エコリングtheオークションの嬉しいポイント5選

①出品数が豊富

エコオク(ブランド市)はバッグ・時計・ジュエリー・アパレルを中心に、エコトレ(道具市)は家具・家電・食器・雑貨・フィギュア・トレカなどのホビーを中心に月間約70,000点以上の商材と圧倒的な出品数があります。
落札価格が数千円程度のものから100万円~1,000万円を超えるような超高額品まで幅広く取り扱いがあるので見ているだけで飽きません。新品から中古品まで幅広い取扱いがあるのも魅力の1つです。
買取専門店エコリングの約200店舗から一般の方から買い取ったばかりのウブ荷(※)が多数出品される点も好評です。※ ウブ荷とは、まだ誰の目にも触れていない商品なのでバイヤー的には売りやすく人気の高い商品。

 

②商品の出品方法が簡単

仕入れ商品はたくさんあるが販売先に困っている、、そんな方は必見!
なんとエコオクでは受託出品も行っており商品を所定の方法でセンターへ送るだけで検品・撮影・出品・梱包・精算・発送までを専門スタッフが行ってくれます。
入金確認や梱包・発送の煩わしさから解放されます!オークション終了後には保留交渉もできるので希望金額に達しない場合も売り切ることや落札権利者と交渉ができるのも嬉しいポイントです。

 

③手数料がとにかく安い!

ブランド市と道具市では手数料形態は異なりますが、ブランド市での売買手数料が1点あたり最高でも 2,000円というのは嬉しいポイントです。
例えばメルカリでロレックスの腕時計は100万円で販売した場合10%の手数料がかかるのでざっと10万円の経費がかかりますがエコオクではなんと2,000円+撮影手数料400円のみ。

 

④事前の下見・入札が可能

仕入れしたい商品を事前にオンライン上で画像や商品ランク、状態記載などを確認しながら下見と入札をすることができ、オークション当日に参加が難しい場合も事前に入札を行うことが可能です。
PCやスマホからオンライン上で下見が可能なため時間や場所を限られることもなく、オークション会場まで出向く必要もないため、副業で物販ビジネスをはじめたい方にもおすすめです。

 

⑤商品の価格相場をチェックできる

エコリングtheオークションの会員になると仕入れや出品ができるだけでなく過去のオークションの落札履歴も30開催分を追加料金無料で見ることができる点も最大の魅力です。
商品ページにはランクや状態の詳細についてや画像も最大10枚まで掲載されているので初心者の方でも見やすい点が特徴です。
仕入れをしたいが適正価格(相場)が良く分からない、、、お得に商品を仕入れたい、、、販売したいけど高値で最大限の利益を出した、、、良い相場検索ツールはないのか、、、そんなときはエコリングtheオークションの相場表で一発解決できます。
圧倒的な操作性、リサーチ、掲載件数、ブランド~家具・家電まで幅広いジャンルを一発で検索できる相場表はエコリングtheオークション以外の選択肢はないででょう!
さらにプレミアム会員(別途費用はかかる)になるとオークション創業時からの落札価格を掲載した業界最多の最大186万点以上の落札価格を検索できます。これは強い味方です!!

 

エコリングtheオークションを始める

 

  • この記事を書いた人

エコリングtheオークション編集部

ブランドバッグやジュエリー等のブランド市(エコオク)から、家具、家電、ゲーム、衣料、古本の道具市(エコトレ)まで、古物を専門に取り扱うBtoB向けオークションです。PC、スマホ、タブレットからいつでもどこでも、古物商品の仕入れが可能。 エコリングはお客様と未来を創造する唯一無二のネットオークション"EcoRing the Auction"を目指しています。

-エコオクコラム, 副業・せどり

新規会員登録

登録から利用開始までたったの4STEP。
最短4~5日でご利用できます。
※開設手続きには古物許可証が必要となります。

01

お客様情報登録

当サイトにて
仮登録・本登録を行う

02

審査

03

アカウント情報送付

04

利用開始

初期費用(アカウント開設費用)

入会金 30,000
年会費 20,000 (毎年8月更新)

※下記の月にご入会の場合、初年度の年会費が半額となります。
入会月:2月・3月・4月・5月・6月・7月】
⇒ 10,000円

※表示価格は税抜です
※年会費・入会金は1回目のオークションが修了時に発行される請求書にて、ご指定の口座へお振込みになります。
ご入会いただくと、エコオク(ブランド市)と、エコトレ(道具市)の両方のオークションをご利用いただけます。

© 2024 エコリングtheオークション BtoB専門ブランド品の卸・仕入れ Powered by AFFINGER5