エコオクコラム 副業・せどり

【2023年 SDGs達成度ランキング】日本が世界21位に後退。フィンランドが3年連続1位獲得!SDGsランキング

 

SDGsの達成度は、国際的な研究組織である「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク」(SDSN)が発表しています。SDSNは毎年、各国のSDGsの達成度を評価した「Sustainable Development Report」(持続可能な開発報告書)を公表しています。

この報告書は、米コロンビア大学の経済学者であるジェフリー・サックス氏が代表を務めるSDSNが2016年から毎年発表しており、国連や研究機関などの統計資料をもとに、各国のSDGsの取り組みを100点満点で点数化したSDGs達成度(SDG Index)を元にランキングが作成されています。

この報告書は、世界各国のSDGs達成度の評価を示す貴重な指標であり、日本を含む166カ国に関する詳細なデータと分析が提供されています。世界のSDGs達成に向けた進捗状況を理解する上で重要な情報源となっています。

 

2023年 日本のSDGs達成度が後退、世界21位に

1位 フィンランド 86.8
2位 スウェーデン 86.0
3位 デンマーク 85.7
4位 ドイツ 83.4
5位 オーストリア 82.3
6位 フランス 82.0
7位 ノルウェー 82.0
8位 チェコ 81.9
9位 ポーランド 81.8
10位 エストニア 81.7
11位 イギリス 81.7
12位 クロアチア 81.5
13位 スロベニア 81.0
14位 ラトビア 80.7
15位 スイス 80.5
16位 スペイン 80.4
17位 アイルランド 80.1
18位 ポルトガル 80.0
19位 ベルギー 79.5
20位 オランダ 79.4
21位 日本 79.4
22位 ハンガリー 79.4
23位 スロバキア共和国 79.1
24位 イタリア 78.8
25位 モルドバ 78.6
26位 カナダ 78.5
27位 ニュージーランド 78.4
28位 ギリシャ 78.4
29位 アイスランド 78.3
30位 チリ 78.2
31位 韓国 78.1
32位 ウルグアイ 77.7
33位 ルクセンブルク 77.6
34位 ベラルーシ 77.5
35位 ルーマニア 77.5
36位 セルビア 77.3
37位 リトアニア 76.8
38位 ウクライナ 76.5
39位 米国 75.9
40位 オーストラリア 75.9
41位 マルタ 75.5
42位 ジョージア 75.0
43位 タイ 74.7
44位 ブルガリア 74.6
45位 キルギス共和国 74.4
46位 キューバ 74.1
47位 ボスニア・ヘルツェゴビナ 74.0
48位 イスラエル 74.0
49位 ロシア 73.8
50位 ブラジル 73.7

 

2023年 日本のSDGs達成度ランキングが21位に後退

日本のSDGs達成度ランキングが発表され、21位に後退したことが判明しました。フィンランドを始めとする欧州諸国の進化により、日本の順位が落ち込んだものの、SDGsへの取り組みを諦めることはありません。世界の課題に向き合い、改善に努める姿勢が伺えます。日本は順位を下げつつも、まだトップ非欧州国

日本が21位に後退したとはいえ、欧州諸国を除く世界の国々の中では依然としてトップに位置しています。日本がSDGs達成に向けて積極的な姿勢を示し、他の地域とも協力して進めていくことが期待されます。

 

SDGs達成度ランキング1位は3年連続のフィンランド

 

フィンランドの持続可能な取り組みが評価され続ける

3年連続でSDGs達成度ランキング1位を獲得しているフィンランドは、持続可能な開発において模範となる国として高い評価を受けています。フィンランドの成功の背後には、教育、技術革新、ジェンダー平等、気候変動対策など幅広い分野での取り組みがあることが分かります。

 

ジェンダー平等や気候変動対策、日本の課題は深刻

 

日本のジェンダー平等と気候変動対策に重要な改善が必要

SDGs達成度ランキングにおいて、日本が「深刻な課題」に指定された項目として、ジェンダー平等と気候変動対策が挙げられます。特に、国会議員の女性比率の低さや男女の賃金格差など、ジェンダー平等に関する課題は重要な改善が必要です。また、化石燃料の燃焼による二酸化炭素排出など、気候変動対策にも迅速な対応が求められています。

 

世界のSDGs達成度は厳しい状況

 

世界全体のSDGs達成度は低い、格差の拡大も懸念

報告書によれば、世界全体のSDGs達成度は低い水準にとどまっており、特に高所得国と低所得国の間の格差は拡大する可能性が指摘されています。COVID-19の影響もあり、世界的な取り組みが厳しい状況にあります。しかし、SDGs達成はまだ可能であり、国際協力による大胆な投資が不可欠です。

 

SDGsへの挑戦は続く、日本の未来への道

 

日本はSDGsへの取り組みを諦めず、改善に努める

日本のSDGs達成度ランキングが後退したことは一つの事実ですが、挑戦の姿勢は失われていません。日本は引き続きSDGsへの取り組みを進め、持続可能な社会の実現に向けて努力していくでしょう。国内外の協力を得ながら、未来への道を切り拓いていくことが大切です。

 

フィンランド、SDGs達成度ランキング3年連続1位獲得

 

持続可能な未来への模範国、フィンランドの躍進

フィンランドがSDGs達成度ランキングで3年連続で1位を獲得し、持続可能な未来への模範国として躍進しています。フィンランドのリーダーシップは、教育、技術革新、ジェンダー平等、気候変動対策など多岐にわたる領域での取り組みの成果が評価されています。

 

教育や技術革新への投資が奏功

フィンランドが3年連続でSDGs達成度ランキングのトップに輝く理由の一つは、教育や技術革新への積極的な投資です。教育制度の充実と高い教育水準により、国民のスキルアップが進んでおり、人材の育成に重点を置く取り組みが見事な成果を生んでいます。

 

ジェンダー平等と多様性の推進

フィンランドはジェンダー平等と多様性の推進にも力を入れています。女性の社会進出が進み、政治や経済の場でも活躍する女性リーダーが増えています。また、多文化主義への理解と受け入れを促進し、多様なバックグラウンドを持つ人々が認められる社会を築いています。

 

気候変動対策への積極的な取り組み

フィンランドは気候変動対策においても積極的な姿勢を見せています。再生可能エネルギーの導入やCO2排出の削減に取り組むなど、持続可能なエネルギー政策の推進が成功の一因です。気候変動に対する真摯な取り組みが国際的に高く評価されています。

 

未来への模範となるフィンランドの挑戦

フィンランドのSDGs達成度ランキング1位獲得は、持続可能な未来への模範となる挑戦の結果です。その成果は、他の国々にも大きな影響を与えることでしょう。我々もフィンランドの取り組みから学び、SDGs達成への道を共に歩んでいきたいと願っています。

 

エコリングtheオークション会員になって
仕入れ作業を効率化しませんか?
会員になれば...

  • ① 月間約70,000点以上の商品から商品仕入れが可能!
  • ② 事前の下見・入札が可能!
  • ③ 過去商品から価格相場をチェックできる!
\ サービスを知りたい方へ /

エコオク紹介ページへ

\ 最短4~5日で利用開始! /

仮会員申込へ

 

日本のSDGs達成度ランキング推移 持続的な成長を目指して

日本のSDGs達成度の変遷、挑戦と成長の歩み

日本のSDGs達成度ランキングは過去数年間での推移を見ると、挑戦と成長の歩みが垣間見えます。過去数年のデータを元に、持続的な成長を目指していく日本の姿勢を探ってみましょう。

 

2017年:11位からスタート

2017年のSDGsランキングでは、日本は11位からスタートしました。当初から高い順位を保持していたことがわかりますが、より上位を目指すためにさらなる取り組みが必要となります。

 

2018年:10位をキープ

2018年には、日本は10位をキープし、着実な成長を遂げています。教育や技術革新への投資が実を結び、持続可能な開発に向けた基盤が整いつつあります。

 

2019年:9位に浮上

2019年には、日本は9位に浮上し、より上位ランクに近づいています。ジェンダー平等や環境対策など、重要な課題に対する取り組みが評価されています。

 

2020年:6位で躍進

2020年のSDGs達成度ランキングで、日本は6位に躍進しました。特にエネルギー政策やイノベーションへの投資が高く評価されています。トップクラスの国々と肩を並べる実績を上げました。

 

2021年:19位への後退

2021年には、日本のSDGs達成度ランキングは19位に後退しています。他の国々の成長により順位が押されたものの、失速することなく取り組みを継続しています。

 

2022年:再び21位に後退

2022年のランキングでは、日本は再び21位に後退しました。ジェンダー平等や気候変動対策などにおいて課題が浮き彫りになっていますが、挑戦の姿勢は変わりません。

 

SDGs目標ごとの評価と課題 持続可能な未来を目指して

 

達成済みの目標 成果を誇る取り組み

SDGs目標の中で、日本が既に達成済みの目標が二つあります。目標4「質の高い教育をみんなに」と目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」は、日本の教育システムや技術革新における優れた成果を誇る取り組みです。特に、質の高い教育が国民全体に提供されていることが高く評価されています。

 

課題が残る目標 より良い未来へ向けて

一方で、日本には課題が残る目標が五つあります。目標1「貧困をなくそう」や目標3「すべての人に健康と福祉を」など、社会的な課題に対する取り組みが継続的な改善を求めています。これらの目標に対しては、より包括的な政策や支援が必要とされています。

 

重要な課題がある目標 取り組むべき大きな課題

重要な課題がある目標には、目標2「飢餓をゼロに」や目標7「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」が含まれます。これらの目標は、国や地域の持続的な発展に関わる大きな課題であり、継続的な努力が求められています。特に、再生可能エネルギーの普及や食料の安定供給などが重要な取り組みとなります。

 

【深刻な課題がある目標 厳しい現状と向き合う

深刻な課題がある目標には、目標5「ジェンダー平等を実現しよう」や目標13「気候変動に具体的な対策を」が含まれます。これらの目標においては、日本が直面している課題に対して厳しい現状を直視する必要があります。特に、ジェンダー平等や気候変動対策は、社会全体での意識改革や具体的な施策の実施が急務とされています。

 

持続可能な未来への道のり

SDGs目標ごとの評価と課題を振り返ると、日本が取り組むべき課題が明確になります。達成済みの目標の成果を誇りつつも、課題が残る目標や重要な課題がある目標、そして深刻な課題がある目標に対しても、積極的な取り組みが必要です。持続可能な未来を築くために、国民一人一人が力を合わせ、SDGsの達成に向けて進んでいきましょう。

 

世界全体のSDGs達成度の現状と課題 共に歩む持続可能な未来

 

世界全体のSDGs達成度の現状 持続可能な成長への挑戦

世界全体のSDGs達成度は、2022年時点で67%弱という結果が示されています。持続可能な成長への道は険しいものの、国連などの国際的な取り組みにより進展していることがわかります。各国がSDGsに取り組み、目標達成を目指している姿勢が示されています。

 

世界全体のSDGs達成度の課題 高所得国と低所得国の格差

世界全体のSDGs達成度の課題として、高所得国と低所得国の間にある格差が挙げられます。特に、2015年時点の28ポイントから2030年には29ポイントに拡大する可能性があるという報告もあります。持続可能な発展を達成するためには、この格差を縮めるための国際的な協力が不可欠です。

 

世界全体のSDGs達成度に求められる取り組み 官民の連携が鍵

世界全体のSDGs達成度を向上させるためには、官民の連携が重要な鍵となります。各国政府がSDGsを戦略的に取り込むことで、民間企業や市民社会との協力が促進されます。また、国際金融フローの拡大や技術移転の推進など、グローバルな視点での取り組みが求められています。

 

SDGs達成への希望と展望 未来への道のり

SDGs達成度の向上には時間と努力が必要ですが、SDGsはまだ達成可能だと強調されています。世界中の様々な国や地域が持続可能な未来を共に築くために取り組みを続けています。持続可能な開発に向けた意識が高まり、共通の目標に向かって前進している姿勢は希望を感じるものです。

 

共に歩む持続可能な未来

世界全体のSDGs達成度の現状と課題を振り返ると、持続可能な未来を築くためには国際的な連携と努力が欠かせません。高所得国と低所得国の格差を縮め、持続可能な成長を達成するために、私たち一人一人の行動が重要です。SDGs達成への取り組みを通じて、世界中で共に歩む持続可能な未来を目指しましょう。

 

SDGsの未来に向けての提言 共に進むための新たな道筋

SDGsとは?簡単に解説します

 

地球規模の課題に対する共通の理解と協力の必要性

SDGsの未来に向けては、地球規模の課題に対する共通の理解と協力が不可欠です。気候変動や貧困削減など、全ての国や地域に共通する課題を解決するためには、国境を越えた連携が必要とされています。国際社会が一丸となり、持続可能な未来を築くために新たな道筋を描くことが求められています。

 

企業や市民社会の積極的な参画の重要性

SDGsの未来に向けては、企業や市民社会の積極的な参画が重要な役割を果たします。企業はビジネス活動を通じてSDGsに貢献することで社会的な信頼性を高め、市民社会は個人やコミュニティレベルでの取り組みを通じてSDGsの達成に貢献できます。広範な参画がSDGsの推進を加速させるでしょう。

 

イノベーションと技術の活用

SDGsの未来に向けては、イノベーションと技術の活用が重要です。持続可能な社会を実現するためには、新しいテクノロジーやアプローチを取り入れて、より効率的で環境に優しい取り組みを進める必要があります。研究開発の促進や革新的なアイディアの育成がSDGs達成の鍵となります。

 

教育と意識の啓発

SDGsの未来に向けては、教育と意識の啓発が欠かせません。SDGsに対する理解を深めることで、個人や組織がSDGsに向けた具体的な行動を起こすことができます。特に若い世代の教育に力を入れ、未来のリーダーたちにSDGsの重要性を伝えることが重要です。

 

透明性と責任の重要性

SDGsの未来に向けては、透明性と責任の重要性が強調されます。各国や企業、市民社会が自らの取り組みを透明にし、成果を公開することで信頼性を高めることが必要です。また、達成度を定量的に評価し、責任を持って課題を解決していく姿勢が求められます。

 

未来を築くための一歩

SDGsの未来に向けての提言は、私たち一人一人の行動が重要です。地球規模の課題に共通の理解を持ち、企業や市民社会が参画し、イノベーションと技術を活用し、教育と意識を高め、透明性と責任を持って取り組むことで、SDGs達成の新たな道筋を描きましょう。持続可能な未来を築くための一歩を踏み出すことが、世界を変える力となるのです。

 

SDGsの未来に向けての提言 共に進むための新たな道筋

SDGsの未来に向けて、私たちの取り組みが求められています。地球規模の課題に対する共通の理解と協力、企業や市民社会の参画、イノベーションと技術の活用、教育と意識の啓発、透明性と責任の重要性―これらが未来のSDGs達成への鍵です。

国境を越えた連携を通じて、気候変動や貧困削減などの課題を解決するためには、一丸となる必要があります。企業はビジネス活動を通じて、市民社会は個人やコミュニティレベルでの取り組みを通じて、SDGsへの貢献が求められています。

さらに、イノベーションと技術の活用によって、持続可能な社会の実現を目指しましょう。新しいテクノロジーやアプローチを取り入れて、より効率的で環境に優しい取り組みを進めることが必要です。

教育と意識の啓発も重要な要素です。SDGsに対する理解を深め、未来のリーダーたちにSDGsの重要性を伝えることで、持続可能な社会への道を拓きます。

透明性と責任も欠かせません。各国や企業、市民社会が自らの取り組みを透明にし、成果を公開することで信頼性を高め、課題を解決していく姿勢が求められます。

私たち一人一人の行動が未来のSDGs達成につながります。共通の理解と協力、企業や市民社会の参画、イノベーションと技術の活用、教育と意識の啓発、透明性と責任―これらを大切にして、持続可能な未来を築くための一歩を踏み出しましょう。世界を変える力は私たちにあります。共に進むための新たな道筋を描いて、未来を切り開いていきましょう。

 

リユース品の仕入れなら、エコリングtheオークション

2017年にスタートした業界最大級のBtoBネットオークション通称エコオクです。C Mでもお馴染みの全国に約200店舗を運営する買取専門店エコリングが主催しており仕入れ先・販売先としても利用できる完全W E B完結型のオークションです。自宅からでも外出先からでもスキマ時間に仕入れができるのが最大のメリットです。
主にブランド(バッグ・時計・ジュエリー・アクセサリー・アパレル)・道具(家具・家電・食器・雑貨・フィギュア・トレカなどのホビー)・カメラなどを取り扱っており、商品ジャンルも非常に多い点がプロのバイヤー・リサイクルショップやネットショップのオーナー・せどらーから圧倒的に支持されている理由です。
2023年5月現在では、毎月約70,000点の商品数と出来高約60億円を誇り、会員数も業界最大の6,000名と国内のみならず海外からも参加が可能なため世界の相場で取引きすることができます!
会員登録は審査が必要になりますが、『古物商許可証』と『身分証明書』があればすぐにエントリーOK!他社オークションでよくある会員からの紹介なども不要なため業界初心者でも個人事業主の方でも会員登録ができます。会員登録には審査があるため、会員の質も高くオークションとしてのクオリティが保たれている点も安心できるポイントです。

 

エコリングtheオークションの嬉しいポイント5選

①出品数が豊富

エコオク(ブランド市)はバッグ・時計・ジュエリー・アパレルを中心に、エコトレ(道具市)は家具・家電・食器・雑貨・フィギュア・トレカなどのホビーを中心に月間約70,000点以上の商材と圧倒的な出品数があります。
落札価格が数千円程度のものから100万円~1,000万円を超えるような超高額品まで幅広く取り扱いがあるので見ているだけで飽きません。新品から中古品まで幅広い取扱いがあるのも魅力の1つです。
買取専門店エコリングの約200店舗から一般の方から買い取ったばかりのウブ荷(※)が多数出品される点も好評です。※ ウブ荷とは、まだ誰の目にも触れていない商品なのでバイヤー的には売りやすく人気の高い商品。

 

②商品の出品方法が簡単

仕入れ商品はたくさんあるが販売先に困っている、、そんな方は必見!
なんとエコオクでは受託出品も行っており商品を所定の方法でセンターへ送るだけで検品・撮影・出品・梱包・精算・発送までを専門スタッフが行ってくれます。
入金確認や梱包・発送の煩わしさから解放されます!オークション終了後には保留交渉もできるので希望金額に達しない場合も売り切ることや落札権利者と交渉ができるのも嬉しいポイントです。

 

③手数料がとにかく安い!

ブランド市と道具市では手数料形態は異なりますが、ブランド市での売買手数料が1点あたり最高でも 2,000円というのは嬉しいポイントです。
例えばメルカリでロレックスの腕時計は100万円で販売した場合10%の手数料がかかるのでざっと10万円の経費がかかりますがエコオクではなんと2,000円+撮影手数料400円のみ。

 

④事前の下見・入札が可能

仕入れしたい商品を事前にオンライン上で画像や商品ランク、状態記載などを確認しながら下見と入札をすることができ、オークション当日に参加が難しい場合も事前に入札を行うことが可能です。
PCやスマホからオンライン上で下見が可能なため時間や場所を限られることもなく、オークション会場まで出向く必要もないため、副業で物販ビジネスをはじめたい方にもおすすめです。

 

⑤商品の価格相場をチェックできる

エコリングtheオークションの会員になると仕入れや出品ができるだけでなく過去のオークションの落札履歴も30開催分を追加料金無料で見ることができる点も最大の魅力です。
商品ページにはランクや状態の詳細についてや画像も最大10枚まで掲載されているので初心者の方でも見やすい点が特徴です。
仕入れをしたいが適正価格(相場)が良く分からない、、、お得に商品を仕入れたい、、、販売したいけど高値で最大限の利益を出した、、、良い相場検索ツールはないのか、、、そんなときはエコリングtheオークションの相場表で一発解決できます。
圧倒的な操作性、リサーチ、掲載件数、ブランド~家具・家電まで幅広いジャンルを一発で検索できる相場表はエコリングtheオークション以外の選択肢はないででょう!
さらにプレミアム会員(別途費用はかかる)になるとオークション創業時からの落札価格を掲載した業界最多の最大186万点以上の落札価格を検索できます。これは強い味方です!!

エコリングtheオークションを始める

 

  • この記事を書いた人

エコリングtheオークション編集部

ブランドバッグやジュエリー等のブランド市(エコオク)から、家具、家電、ゲーム、衣料、古本の道具市(エコトレ)まで、古物を専門に取り扱うBtoB向けオークションです。PC、スマホ、タブレットからいつでもどこでも、古物商品の仕入れが可能。 エコリングはお客様と未来を創造する唯一無二のネットオークション"EcoRing the Auction"を目指しています。

-エコオクコラム, 副業・せどり

新規会員登録

登録から利用開始までたったの4STEP。
最短4~5日でご利用できます。
※開設手続きには古物許可証が必要となります。

01

お客様情報登録

当サイトにて
仮登録・本登録を行う

02

審査

03

アカウント情報送付

04

利用開始

初期費用(アカウント開設費用)

入会金 30,000
年会費 20,000 (毎年8月更新)

※下記の月にご入会の場合、初年度の年会費が半額となります。
入会月:2月・3月・4月・5月・6月・7月】
⇒ 10,000円

※表示価格は税抜です
※年会費・入会金は1回目のオークションが修了時に発行される請求書にて、ご指定の口座へお振込みになります。
ご入会いただくと、エコオク(ブランド市)と、エコトレ(道具市)の両方のオークションをご利用いただけます。

© 2024 エコリングtheオークション BtoB専門ブランド品の卸・仕入れ Powered by AFFINGER5